ヘラ降臨、ゼウス降臨、アテナ降臨をはじめパズドラの降臨攻略情報を配信しています。

パズドラゼウスヴァルカン降臨初心者安定攻略(ソニア)について

varukan

パズドラゼウスヴァルカン降臨の攻略ですが

初心者の方が安定して攻略するというのはかなり難易度の高いダンジョンです。

ですが、覚醒ミネルヴァの進化素材にもなりましたのでゲットしておきたいところですね。

サブをガチャ限なしでもクリアできるパーティーがありますのでご紹介したいと思います。

赤ソニアパで攻略する

akasonia

やはり回復にゆとりのある悪魔編成を考えた場合、赤ソニアリーダーは外せません。

最近では呂布との相性もよく、リーダーフレンドは、赤ソニア×赤ソニアか、赤ソニア×呂布で臨みたいところです。

赤ソニアパの場合、リーダーが決まるとガチャ限なしのサブはほぼ決まってきます。

サブの候補

ヴァンパイアデューク(攻撃態勢)
ドラウンジョーカー(防御態勢)
ヘラウルズ(ドロップ強化)
ヘラ・イース暗黒覚醒ゼウス、神王妃ヘラ(HP削り系)
エキドナ(遅延要員)

こんなところでしょうか。

道中はドラウンジョーカーからのヴァンパイアデューク+エキドナを使い分け

ボス戦はギガグラで削って、赤ソニアの陣、エンハンス(呂布)、で仕留めるという感じになるでしょうね。

スポンサーリンク

攻略のポイント

varukan01

1バトル目は1体の残しのエキドナでスキル貯めが十分できるのかなと思います。

ここでもしギガグラまで貯め切れたら5バトル目までに一度使用して貯め直すのもありですね。

varukan02

2バトル目も単発7355を食らいながら、エキドナを使いながらスキル貯めができるポイントです。

火吸収が解けるまでの10ターンの間50%近く削り、木属性になった所で、赤ソニア陣を使って一気に勝負を付けてしまうのもありだと思います。

varukan03

3バトル目は眠っている間に防御態勢からの攻撃態勢で闇の大ダメージを与えると倒しやすいのではと思います。

このバトルもエキドナを使用できます。

varukan04

4バトル目フェニックスはHP1748890と高いので、赤ソニアが2体いる場合は陣でワンパンするのがいいかなと思います。

varukan05

5バトル目のジークは攻撃しない限り何もしてこないので、木ドロップを消してターンを稼ぐか攻撃色を消さないように整地して、初ターンで全力コンボ、2ターン目は防御態勢+攻撃態勢で倒しきると良いと思います。

varukan06

6バトル目のクーフーリンはHPが33です。パーティーがすべて副属性持ちである場合、攻撃色を消せば3ターンで撃破できます。

HP50%以下で99%ダメージが飛んでくるので、防御態勢は残しておいたほうが良いでしょう。

varukan07

7バトル目アルテミス、ここはHP50%以下の単発ダメージ15375が重いので2バトル目と同じくお邪魔が降ってくる10ターンを凌いでHP50%以下は相手が光属性になるので、防御態勢+攻撃態勢で闇の大ダメージで一気にかたを付けたいところです。

この辺りでギガグラ系は貯まって、赤ソニアの2回目が打てる状態が理想です。

varukan08

8バトル目ヘラウルズ、9バトル目アレスがガチャ限なしだと最大の難所ですね。総HP1816905と高く、魔力開放からの即死ダメージが来る一番厄介なバトルです。1ターンごとの攻撃が重いのでここは初手エキドナから、全力コンボで削っていくしかありません。

varukan09

9バトル目アレスはHP99%ダメージを使ってくるので、防御態勢を使える用意はしておきたいところですね。

varukan10

ゼウスヴァルカン総HPが4,518,540です。まず水ドロップを火ドロップに変換、かつ単発14183ダメージを食らいながらエキドナ+防御態勢で50%近くまで削り、ギガグラ+陣+(呂布のエンハンス)で残りを削り切ると良いと思います。

以上がパズドラゼウスヴァルカン降臨初心者安定攻略のポイントです。

ゼウスヴァルカン戦は自分が倒しきれるダメージをある程度計測してから挑むとより安定感が増すのではと思います。

参考にしてみてください。

関連記事

ゼウスヴァルカンのテンプレ無課金版

ゼウスヴァルカン青ソニア、アヌビスパ攻略

ゼウスヴァルカンで800回コンティニューする方法

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 2 = 一

管理人プロフィール


通算ログイン900日超えの無課金パズドラーTAKUです。
初めてゼウス降臨をノーコンクリアした時の気持ちが忘れられない…。
仙人ゼウスをリスペクトする人です。
Twitter

カテゴリー

スポンサーリンク