ヘラ降臨、ゼウス降臨、アテナ降臨をはじめパズドラの降臨攻略情報を配信しています。

メジェドラ降臨の光ホルス攻略「火、水、木、光、闇をどう揃えるか」

mejedora06

メジェドラ降臨超地獄級 光ホルス攻略

メジェドラ降臨の超地獄級の攻略として今回は究極進化した光ホルスパーティで攻略しようと思います。
そのメジェドラ降臨超の中で一番難しいダンジョンである超地獄級を攻略していこうと思います。

光ホルスのサブ

horusu

光ホルスは火、水、木、光、闇ドロップの中で4属性を消した時に攻撃力が4倍になり、5属性を組んだ時には攻撃力が5倍になるLSを持っているモンスターです。

なので各色の属性をパーティに入れていなければLSは発動しないので必ず火、水、木、光、闇は入れるようにしましょう。

今回は、火、水、木、光、闇を考えつつ組んだパーティでの攻略をしてみようと思います。

L 光ホルス
S パズドラベアー
S 究極ヘライース
S 究極エキドナ
S 究極スサノオ
F 光ホルス

今回のパーティではスキル封印が100%ではないため、可能ならば100%にするといいと思います。

ダンジョン攻略のポイント

mejedora01
1F スキル封印体制が100%ではないため弾いてくれるかは微妙です。

今回は弾いてくれたためそのまま攻略をしました。とりあえず真ん中の仮面を先に倒します。

その後に両脇の仮面を倒して先に進みましょう。

この時にスキルを貯める時ができると思うので、スキルためも忘れずに次に進みましょう。

mejedora02
2F この階はサイクロプスとミノタウロスがでてきます。コカトリスがいないので楽だとおもいます。

サイクロプスはHPを半分にしてから”武器を振り上げる”の状態にして、ミノタウロスはすぐに倒す感じで攻略しましょう。

ここでも余裕があればスキルを貯めておきましょう。

mejedora03
3F この階は、神秘の仮面とラーの玉ドラがでてきます。
5ターンスキル封印にあってしまいましたが、100%封印体制があるパーティだと問題ないと思います。

今回は封印にあってしまったのですが封印にあってしまったとしても問題なく攻略できるかと思います。

ラーの玉ドラは回復しながら攻撃しつつ、余裕があれば次の階に備えて聖地をしながら攻略しましょう。

mejedora04
4F ここでは、イシスがでてきます。この階が個人的には一番面倒臭いモンスターでした。

最初に4コンボ吸収が発動してから、火属性の5ターンバインド、その後は回復込みの4色陣+15400ダメージをエンドレスにしてきます。

ここは、さっき聖地をしておいたドロップを全開放して、最初に大ダメージを与えましょう。

その後は火のバインドをた得てから、回復プラス3色消しつつ、落ちコンで4食決まるのを祈りながら攻略しました。

面倒だったらエキドナを使ってもいいかもしれませんが、次の階のオシリスも厄介なためそっちにとっておくのがいいとおもいます。

mejedora05
5F 中央一列をお邪魔ドロップ+7709ダメージ、縦2列を回復ドロップ+15417ダメージを繰り返してきます。

さらに30%いかに減らすと30834ダメージを食らってしまいます。耐えきれないと思うので、そこは注意しましょう。

今回は、安定して倒すためにエキドナを使いましょう。ボスでもう一度エキドナと使いたいので、なるべくターン数を稼いでおいたほうがいいと思います。

mejedora06
6F この階はボスです。

先制攻撃で強制的にリーダーをチェンジされてしまいます。

さらに回復をお邪魔にしたり、暗闇、99%ダメージなどの攻撃をしてきます。

ここでは、最初に4コンボ以下吸収した後に江木戸なのスキルが溜まるタイミングに合わせてスサノオを使います。

威嚇が溜まったら威嚇を使いましょう。

4コンボ以下は吸収されてしまうのでそれに注意です。

まとめ

今回攻略したこのダンジョンではスキル上げができるモンスターがいます。

meje

ミノタウロス (ウリエル)
サイクロプス (アポロン)
ラーたまドラ (ラー)
メジェドラ (メジェドラ)

スキル上げモンスターがいる場合はスキル上げが可能です。

今回のダンジョンは、4階からが非常に面倒臭いダンジョンでした。今回は80%封印体制だったため100%だったならもう少し安定して攻略できたのではないかと思いました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


9 + 七 =

管理人プロフィール


通算ログイン900日超えの無課金パズドラーTAKUです。
初めてゼウス降臨をノーコンクリアした時の気持ちが忘れられない…。
仙人ゼウスをリスペクトする人です。
Twitter

カテゴリー

スポンサーリンク